【SFがすぐそこに!?】銃を装備したロボドッグがついに登場!ロボットが殺人兵器となる時代がついに来てしまった!?





カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください


 ついに銃で武装した四足歩行の犬型ロボット(ロボドッグ)が登場した。いずれこうしたものが出てくることは予想されていたことだ。

 だが、SF映画でありがちな、躊躇なくターゲットを狙い撃つことを目的としたロボット兵器の姿が頭をよぎり、実際にその姿を目にすると、胸騒ぎが止まらなかったりもする。

【画像】 アメリカの陸軍協会でお披露目

 『The Verge』が伝えるところによると、まるで戦車のような銃器で武装した四足歩行犬型ロボット(ロボドッグ)は、10月11日から13日まで開催された合衆国陸軍協会の2021年度年次総会でお披露目されたという。

 このロボドッグは米ゴースト・ロボティクス社製の「Vision 60」で、その背中にソード・インターナショナル社の無人兵器用銃「SPUR」が搭載されている。

 SPURは、30倍の「光学ズーム」と、暗闇でも目標を補足できる「サーマルカメラ」を内蔵しており、有効射程は1200メートル

 「Special Purpose Unmanned Rifle」(特殊用途無人ライフルの意)という名称が示すように、さまざまなロボットラットフォームへの装着を想定して設計されているという。

[もっと知りたい!→]AIの専門家が殺人ロボットの開発を禁止するよう政府に訴え

3_e2

昨年から米軍で試験的な運用

 この銃を搭載したロボドッグが現在市販されているのかどうか不明だ。またゴースト・ロボティクス社とソード・インターナショナル社の提携関係についても情報はない。

 しかしゴースト・ロボティクス社の四足歩行ロボット自体は、昨年から米軍で試験的な運用がなされているという。

 導入されたのはフロリダ州ティンダル空軍基地で、第325治安部隊が、人間や普通の乗り物では思うように動けない「湿地帯での偵察」に使用しているとのこと。

 また「遠隔地での撮影や地図作成」「移動式の携帯電話基地局」「爆弾の解除」「CBRN兵器(化学・生物・放射性物質・核を利用した兵器)の検出」など、さまざまな運用法も試されているようだ。

4_e0
Ghost Robotics

殺人兵器ロボットの管理問題

 犬型ロボットといえば、ボストン・ダイナミクス社の「Spot」が有名だが、同社は自社製品を兵器にしない方針を定めている。

 その一方で、タイヤキャタピラを利用する無人火器プラットフォームを製造・販売する企業は数多くある。

 問題は、こうしたロボットが人間を殺傷するほどの銃器を搭載しはじめたとき、それをどう管理するのかということだ。

 かねてから専門家はこうした「殺人兵器ロボット」(専門的には、「LAWS」(致死的自律兵器システムの意)という)の登場に警鐘を鳴らしてきた。しかし現時点でアメリカ政府はその開発や配備を公式には禁止していない。

References:They’re putting guns on robot dogs now - The Verge / written by hiroching / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

銃を装備したロボドッグがついに登場。ロボットが殺人兵器となる時代がついに来てしまった


(出典 news.nicovideo.jp)

に関わるロボット サービスロボット分野 サービスロボット 家庭用ロボット、医療用ロボット、介護ロボット、パワードスーツ、エンタテインメントロボット(娯楽・家庭向けと展示用を含む)、警備ロボット、掃除用ロボット 特殊環境用ロボット 探査ロボット、宇宙ロボット、レスキューロボット、軍事用ロボット 構造による分類
50キロバイト (7,090 語) - 2021年10月5日 (火) 13:32


ターミネーターが現実となるのもすぐだなwww

<このニュースへのネットの反応>

2042で見た


いいね。車両や人の入っていけないところにも火点を構築できる。


こういう使い方も当然考慮されてしかるべきと思っていたので今更。あと、「現時点でアメリカ政府はその開発や配備を公式には禁止していない」禁止するほうがアホ。敵国の世論を操作して自ら手を縛るように仕向ける国が有ることをお忘れなく。最後に、写真の人AUG持ってるけど米軍?


日本はこの手の分野出遅れているというけど機械技術は世界最高なんだからそのまま出遅れて無いでもっと国が国防用に大型配備計画おっ立てて関連企業に協力競争して育つ為の財政支援してやれ そうすれば日本に金が回って豊かになり技術も上がり国防力がグンと上がってまさに無駄がない


あと、自衛隊員が少ないのも補えるのはいい ただ隊員が少ないのには金銭的や待遇、そもそも国防の意味と必要性を国民に理解させる為の教育が義務としてなされて無いという根本的原因があるけどな


これまで車輪やキャタピラのロボットでやってたこと。足がついただけで何を騒いでいるんだか


サイバーダインかオムニ社製


tadano<記事中にもあるけど、足がついたことで悪路に強くなった


欲を言えば足をもっと90度ほど外に向けて蜘蛛みたいにしてほしい。


意外と運用が難しいと思う。しょうもない罠を回避できなかったり、新型が出ると規格が変わって連携取れなくなったり


よろしく


ターミネーターのような未来にならないといいが…


こういう日が来る事は何年も前から分かってた。


ED209「あなたは法律に違反しています、すぐに銃を捨てなさい。」「あなたは法律に違反しています、すぐに銃を捨てなさい。」


言うて生物に劣る運動性ならノーリスクな事くらいしかメリットないような


メタルマックスの犬を見て、当時「ねーよwww」と思ってたけど時代を先取りしていた訳か。


サイバーパンク的にはこういうのも含めて「ドローン」ですよね、世間というかマスコミ界隈ではマルチジャイロラジコン=ドローンみたいな扱いですが。充分存在が予見されたし、実現の有用性が見込まれていたものだと思います。武装によって犯罪抑止力も大いに見込めるので、いきなり人*マシン扱いで片付けるべきでもないですね


日本はそもそも無人兵器の保有禁止されてなかったか?だから誘導兵器の性能上げてグレーゾーンで頑張ってるって話だったと記憶してるんだが。


日本ならパワードスーツや人型兵器作ればええんやね?地理的に必要だし